失敗しないレーシック手術


レーシック手術を考える

レーシックを行いたいけどトラブル、後遺症、失敗という記事が気になる人、多いと思います。
目という大事な身体の一部だけに、リスクはしっておいたほうがいいと思います。
ドライアイや夜間の視力低下などよく目にすると思いますので、レーシック=危険 と感じている人もいるかもしれません。
しかし、飛行機は絶対落ちないわけでありませんし、口に入れる食べ物に関しても確実に安全ともいえないのは事実です。
要するに、生活においてもそれなりのリスクはあるわけで、レーシックに特別、過敏になる必要はないかと思います。

5年前、10年前のレーシックに比べれば、全然医療技術は進歩していますし、遺伝子検査をはじめ、検査機器の向上からも、そもそもレーシックのできない人、施術に関して限定される人などリスクを最低限に押さえる形が取られていますので、まずは無料診断で今の目の状態を知るというものいいかもしれません。

レーシック手術で視力が回復するメカニズム

レーシックは、特殊なレーザーにより角膜をスライスする事で、光の照射角度を変えて視力回復するという治療技術です。アメリカで考案された方法で、現在では日本でも多くの人が施術を受けています。視力回復効果と共に安全性においても優れているという事がレーシックの魅力であり、有名アスリートも多数成功しています。
角膜は、レンズの役割を果たしている部分です。この部分を薄くスライスする事により、ピントが適切に合う様になるというのが、レーシックによる視力回復のメカニズムです。ピントが合うまでの間、一時的に不具合を感じる事もありますが、時が経過するに従い徐々に良化します。裸眼視力が1.0以上になる確率は、実に90パーセントを超えています。
レーシックで使用されるレーザーは、ポイントを最小限に絞る事が出来るので、周辺部分を傷めてしまう危険はありません。10年近い研究と臨床を積みかさねた上で完成した方法であり、アメリカでは術後に宇宙飛行士になるというケースも報告されてます。これは、短期的に視力回復するというだけではなく、長期的にも状態が安定する事が認識されているからです。
レーシックは特殊な技術を必要とするので、どこでも受けられるという治療ではありません。しかし、年々専門クリニックも増加しており、かなり身近な存在になりつつあります。


定評のあるレーシックの病院・クリニック
神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック
安心して手術を受けていただくための「充実のアフターケア」
>> 公式ホームページはこちら <<



品川近視クリニック
品川近視クリニック
実績・信頼のあるクリニック
>> 公式ホームページはこちら <<



SBC新宿近視クリニック
SBC新宿近視クリニック
視力回復手術で高い満足度を誇る、新宿近視クリニック
>> 公式ホームページはこちら <<



乱視や遠視もレーシックで矯正できるの?
視力を矯正、回復する手段の1つとして、レーシック手術があります。
エキシマレーザーという機械でレーザーを照射し、角膜の屈折率を矯正し視力を回復させます。レーシックは、近視矯正手術の事をいいますが、遠視や乱視の矯正にも有効との報告がなされています。しかし、重度の遠視の場合、レーシック手術を受けることが難しい等の問題もあります。
正常な視力の場合、目のピントは網膜で合います。しかし、遠視の場合は網膜の後ろでピントが合います。乱視の場合は網膜の前と後ろの2箇所以上だったり、ピント自体がどこにも合いません。
レーシックを受けるとコンタクト等の異物を目に入れずに済み、裸眼で生活できるメリットがある一方、様々なトラブルも報告されています。
主なデメリットとしては、ドライアイ、夜間の視力低下、角膜の変形や混濁等があります。また、目の度数の矯正には限度があります。
手術を受ける場合は、費用も大切ですが、目の感染症等を防ぐ為にも眼科専門医の診察を受けることをお勧めします。また、レーシック手術は、検査、手術ともに保険の適用はありません。
以上の様な、レーシック手術のメリットとデメリットをよく理解した上で、手術の決断をお勧めします。



知っおきたい!レーシック手術の種類と特徴
レーシックは、高精度のレーザーを角膜に照射して、屈折力を調整して視力を矯正する視力回復手術です。安全で高い効果があることから、注目を集め、多くの人がレーシック手術を受けています。レーシックには、幾つかの種類がありますので、それぞれについてご紹介しましょう。
通常のレーシックは、眼球専用カンナでフラップを作成し、角膜にレーザーを照射して角膜の屈折力を変えます。費用も安く、手軽に受けられます。
イントラレーシックは、フラップの作成から角膜の屈折率矯正までコンピューターで制御された手術で、通常のレーシックより短い手術時間で、さらに高い安全性と効果があります。また、従来のものより、さらに薄いフラップを作成できるので、より強度の近視を矯正することができます。また、イントラレーシックは視力の回復が早いのも特徴です。
エピレーシックは、角膜上皮部分のみのフラップを作成する施術で、フラップは剥がれ落ちて新しい角膜上皮が再生します。角膜の強度を保てるので、激しいスポーツをする人や、近視度数のわりに角膜が薄い人に適しています。
レーシックで視力を回復すれば、眼鏡やコンタクトレンズが不要の快適な裸眼生活が可能になります。事前に医師と十分相談して、自分にピッタリの施術方法を選びましょう。

サイトマップ

Copyright© 2014 レーシック@失敗しないレーシック手術で視力回復 All Rights Reserved.